開業前に考えるべきことは山のようにある「クリニック設計の計画」

通いやすいクリニック設計を!利用者の幅を広げる一工夫

開業前に考えるべきことは山のようにある「クリニック設計の計画」

歯医者

新しくする意義

クリニックは、子どもからお年寄りまで、様々な年齢の方が来院します。しかし、待機室やトイレが狭かったり、利用しずらい設計になっていると、患者さんの足が遠のいてしまうかもしれません。誰でも利用しやすいように設計を工夫することによって、患者さんが安心して来院することができるでしょう。

何故利用者が多いのか

日本には実に多くのクリニックがありますが、忙しいところもあれば、土曜日なのにガラガラな病院もあります。それはどこが違うのかというと、スタッフやドクターの対応だけでなく、院内の設計も影響しているようです。大きめのソファーがあれば、譲りあって座ることができますし、長い時間座っていても苦痛にはなりません。個室であれば、周りを気にせずゆっくりと待ち時間を過ごせるでしょう。このように、患者目線に立つことによって、工夫できる箇所を見つけることができます。

バリアフリーの有無

お年寄りの方や、車いすを利用している方は、クリニックに通院するだけでも大変です。その原因として段差が多かったり、手すりがなかったりするクリニックも多いからです。しかし、バリアフリー設計にすることによって、誰でも安心して通うことができます。

優良業者の選び方

実績

設計を行なっている業者は数多くあるので、実際にどれぐらいの実績があるかというところに注目してみると良いでしょう。実績があるのとないのとでは、信頼にも繋がってきます。設計を依頼した方たちからどれくらいの支持を得ているのか、事前に見ておくことをおすすめします。

提案力

設計を依頼する場合、的確な提案をしてくれる業者でないと安心できません。それを知るためには、業者のホームページで施工例を確認したり、口コミ評価なども参考にしてみましょう。具体的なイメージがしやすくなります。

コミュニケーション

依頼主と設計士がきちんとコミュニケーションが取れていないと、思い通りのクリニックを完成させることはできません。そうならないためにも、相談するときから会話や相手の対応の良し悪しなどを確認しておくといいでしょう。

説明

説明してくれる時に、専門用語ばかりを並べられてしまっても、何を言っているのかさっぱりわからないということになってしまいます。なので、わかりやすいようにかみ砕いて説明してくれる専門業者なら、頼りにすることができます。

サイトをチェック

上記の情報であれば、ウェブサイトにある情報からでも確認することができます。また、口コミサイト等でも評判をチェックしてみると良いでしょう。業者を比較すると、より評判のいい業者を探し出すことができるので、事前に目を通しておくのが得策です。